2010年05月25日

電源を入れるから「情報が入る」


漫書004.jpg


携帯電話機は、
             
自分から電波を発しているから繋がる。

電源を入れないと・・・



<中略>



自分の生き方の電源を明確にすれば、情報が繋がる。


『3秒で心に火をつける魔法のことば』より









posted by kuro at 16:39| Comment(0) | 漫遊書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月19日

時がお互いのバランスを知る

漫書003.jpg


ハリネズミの夫婦は、近すぎず、離れすぎず、
お互いの居心地のいい距離を見つけて穴の中で暮らす。

近づきすぎると・・・



<中略>



時がお互いのバランスを見つけて、良い関係を保つ。


『3秒で心に火をつける魔法のことば』より




posted by kuro at 15:46| Comment(0) | 漫遊書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月17日

淋しい恋しいはガマンでけへん

漫書002.jpg



淋しいことにガマンのできる人は、
子どもの頃に苦しいことや辛いことに耐えた経験をしている。
自分のこと以外のことで耐えている。

恋しいのをガマンできない人は、
子どもの頃に親の愛情に満足しなかった経験をしている。
子どもの頃の家庭環境、両親の接し方、何にガマンしたかが、
子どもの性格に大きく影響を与えている。

潜在意識は、切羽詰ったときに浮上してくる。


『3秒で心に火をつける魔法のことば』より




posted by kuro at 11:00| Comment(0) | 漫遊書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月07日

健康がいちばん

漫書001.jpg

「健」は丈夫な体 「康」は康らかな心

体と心の調和がとれているから「健康」
江戸時代は 健康といわず「養生」と言った
身を保ち、生を養うという意味で
日々の「生」を「養う」ためには
日々の心得が大切だと言っている

「養生訓」には
「天地の道理を知り、畏れ敬い、日々の生を慎み、
愛おしく惜しみ、人生を楽しむにあり」と書かれている

人生いちばんのご褒美は「健康」
健康あっての日々 命あっての人生


『3秒で心に火をつける魔法のことば』より




posted by kuro at 12:13| Comment(0) | 漫遊書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする